ヒゲ脱毛の痛みは激痛?

ヒゲ脱毛の痛みはどんなかんじ?

痛っつ!!ってインパクトはあります。※鼻の下は悶絶 ひげ脱毛の痛みイメージ

ヒゲ脱毛の痛みはレーザーにもよるがかなり痛い

ヒゲ、特に鼻下の脱毛はかなり痛い脱毛箇所。そもそもなぜ皮下のメラニンに対して熱エネルギーを加えるのに、痛いかというと、皮下組織にももちろん神経が通っているためです。

医療レーザーは熱エネルギーをメラニン色素をターゲットとして加えるものです。その熱により皮下の毛が膨張したり、肌が一時的に赤くなったりします。とはいえ痛みは瞬間的なも。レーザーによっては連続照射をするため、瞬間瞬間が継続的なので痛みを強く感じたりします。

クリニックによっては、痛みの感じ方によって出力を調整してくれますが、ある程度の出力が出せないと、痛くないけど効果も低くなるため、本当は痛くても我慢した方がいいです。

湘南美容外科ドクターコバでは笑気麻酔や麻酔クリームなしで施術を受けている人がほとんどで、笑気麻酔や麻酔クリームは痛みを軽減してくれるもの、完全に痛くないというわけではないので、痛みが本当に無理という人は、痛みが他の医療レーザーに比べて少ない、メディオスターでのヒゲ脱毛をすることをお勧めします。

ヒゲ脱毛の痛みには理由がある

医療レーザーとメンズエステ脱毛の違い

ヒゲ脱毛での痛みには理由があります、特にクリニックでの脱毛は医療レベル=医療行為に当たるため出力が高く、表面的なやけどはしないものの、皮下にはかなりの熱エネルギーが加わるため、皮下は軽いやけど状態になっています。しかしエステの場合、肌が熱を持ってしまったり腫れてしまうといった症状が出てしまうと、薬も出せないし、クレームになりかねないため、低いパワーでしか照射ができません。

そのため、メンズエステでの髭脱毛は通う回数が多くなりますし、医療脱毛に比べて効果がみえにくいのです。低いパワーであればもちろん痛みも医療レーザーほどではありません。要は上のイラストのようにメンズエステのフラッシュ脱毛では十分な光が皮下組織まで届かないからです。皮下には神経も通っているため、メラニンをターゲットとした熱エネルギーが加わるともちろん、熱く、痛みを感じます。

用は、ガスバーナーとライターの火力が違うように医療レーザーのパワーとメンズエステのフラッシュ脱毛のパワーは違うということです。ただし、最近では医療レーザーでも痛みが少ないものが出てきています。

また針を皮膚に刺して電気を流すメンズTBCやダンディハウスのヒゲ脱毛の痛みはフラッシュ脱毛よりずっと痛いです。ニードル脱毛は施術者の技術によって痛みも左右されます。

ヒゲ脱毛の痛みはレーザーによっても違う

これは、いろいろヒゲ脱毛のレーザー脱毛を体験したためわかることですが、医療レーザーの種類によって、痛みは違います。痛みにレベルを設けるとしたら、こんな印象です。

医療レーザー別痛みの比較※痛みの感じ方はあくまで僕の主観です。感じ方には個人差があります

ライトシェアアレキサンドライトレーザーメディオスター。僕がそれぞれの医療レーザー機でのヒゲ脱毛を受けてみて痛みを比較してみた感じはこんな順番です。メディオスターは他の医療レーザー脱毛機に比べて圧倒的に痛みが少ないです。

メディオスターに関しては2015年から日本にも導入され始め、痛みが少ない蓄熱式のレーザー脱毛機として人気を誇っています。(⇒メディオスターに関してはこちら

ライトシェアアレキサンドライトレーザーよりも痛くないという人もいますが、ヒリヒリ感や腫れや赤みはアレキより出る印象、ただ、出力の違いで痛みの強さも全然違うので、あくまで印象ですよ。

ヒゲ脱毛の痛みに疑問を感じたら

ヒゲ脱毛の痛みがあまりにも強いと疑問に感じたら、すぐに施術してくれている看護師さんに伝えましょう。クリニックでは必ず、数ショット打って、痛みについて尋ねられます。「痛くないですか=このくらいの痛さでも大丈夫ですか?」といった感じです。あまりにも痛い場合は我慢せずに伝えることが重要です。クリニックによっては万が一のやけどなどがないように出力の上限を設定しているところがほとんどなので、あまり心配しなくても大丈夫ですが、おかしいなと疑問を感じたら我慢せずに伝えましょう。

ヒゲ脱毛の痛みと効果

ヒゲ脱毛はほとんどの機械が毛のメラニン色素をターゲットとしているため、効果が高ければ痛いのは当然の結果。ちなみに痛みが強ければ効果も高いですが、毛の毛周期が成長期でない場合は意味がないので、通う間隔も毛周期に合わせて通うのがベストです。痛くないといわれているメディオスターでも出力を上げれば痛みは当然出ます。

また、肌の色によってもヒゲ脱毛の痛みも違います。肌が黒い人、毛の密度が濃い人は、痛みが強く、肌が白くて毛の密度が薄い人とは痛みの感じ方が全く違います。日焼けなどで肌が黒い人や地黒の人、毛の密度が濃い人は、痛くないといわれているメディオスターでもある程度の痛みは覚悟しておきましょう。

ヒゲ脱毛の痛みが体毛より痛い理由

ヒゲ脱毛の痛みは体毛に比べてもかなり痛いです。理由は、体毛より生えている毛の密度が濃いためです。体毛は髪の毛のようにみっしり生えていません。照射してもターゲットとなる毛根の数が少ないため、痛みひヒゲほどではありません。ヒゲは髪の毛の次に密度が濃いです。毛が密集してます。そのため、痛いのは当然ですね。

クリニックによってもヒゲ脱毛の痛みは違う?

たとえば5回いくら。という回数単価で費用が決まるクリニックは効果がないというクレームを出さないように、2,3回目以降から肌の様子を見て、痛くても高出力で照射したりします。出力を上げると痛みも倍増しますし、泥棒髭や肌荒れの原因にもなりかねませんが、回数制のところでは、回数制限がないところに比べると、多少出力が強い気がします。

出力のジュール数や照射スポットの大きさなどはクリニックにそれそれきちんとマニュアルが用意されており、初回は何ジュールまで、体毛は12ジュールから、ヒゲは8ジュールからなどと決まっていたりします。また医療レーザー機によっても、ジュール数の意味合いは違ってきます。波長やレーザーの種類も違うためです。

痛みの感じ方も個人差があるので、痛みが少ないのがいいというのであれば、メディオスターがおすすめです。ただし、メディオスターは新しい機械なのでまだまだ導入されているクリニックも少なく、費用もあまり安くはないですが、メディオスターで髭脱毛をするならゴリラクリニックが最安値です。

ヒゲ脱毛の痛みゴリラクリニックの場合

ゴリラクリニックは有料ですが笑気麻酔が各部屋に用意されているので、気軽に笑気麻酔を頼むことができます。湘南美容外科やドクターコバは希望者には有料でできますが、常に用意されているわけではないので、希望する場合は予約時に伝える必要があります。

ゴリラクリニック 痛みがある場合の笑気麻酔

笑気麻酔とクリームの表皮麻酔がありますが、笑気麻酔は意識をぼんやりさせて痛みをまぎらわす感じです。まったく痛みを感じないわけではなく、意識がぼんやりするため痛みはだいぶやわらぎます。表皮麻酔は多少痛みは和らぎますが、ヒゲは皮膚の深い部分に生えているため、クリームの麻酔は皮下深くまでは浸透しないため、こちらも完全に痛みがなくなるわけではないです。

痛みに断念するという人もいるほどのヒゲ脱毛で痛みにビビる人も多いですが、看護師さんが様子をみてくれますし、痛いから無理という人はごくわずかです。注射が嫌い。歯医者が嫌いという痛みに極端に弱い人はちょっと厳しいかもしれませんが、そこまでの痛みではないですよ。

どこのクリニックでヒゲ脱毛すべきか悩んだら…

ヒゲ脱毛で結果を出せる後悔しないクリニックを2ちゃんねるロム歴4年、50万以上かけてメンズエステや家庭用脱毛機、ヒゲ脱毛クリームを試して失敗した僕がたどり着いた費用も妥当で通いやすいクリニックを3医院選びました。僕のオススメするヒゲ脱毛クリニックはこちら

トップへ戻る