青髭を薄くする方法

青髭を薄くする方法

ひげ脱毛したけど抜けてこなくね?ポロポロ抜けるってマジか?

青髭の原因は皮下にあり、肌表面にでていない髭が埋まっているのが見えているため。ヒゲ剃りでは剃れない髭が皮下で透けて見えているため青髭になります。

青髭は自分で薄くできるものか?

そのため、青髭は皮下の髭がなくならない限り、なくすことはできません。青髭は自分で薄くすることはできないです。

毛抜きで抜くということで、皮下からの髭を処理できるためほんのわずかですが、青髭を薄くすることはできますが、また生えてくる毛があること、そして皮下の抜けない髭もたくさんあるため、根本的な解消にはなりません。

青髭は青髭でない人に比べて髭の密度が濃いため青髭になります。これは日焼けをしたり、ファンデーションやコンシーラー、BBクリームで隠しても薄くなりません。除毛クリームも毛穴の中の毛までは溶かすことができないこと、また顔には使えないヒゲ脱毛クリームも多いため、脱毛クリームの類も無意味です。

ではなにで青髭が解消できるか?薄くできるか?というと。青髭を薄くするには医療レーザーで毛の密度を薄くするという選択肢しかないのです。

青髭を薄くできるのは医療レーザーのみ!

青髭を薄くすることができるのは、皮下に生えている毛にアプローチできる医療レーザーのみです。まだヒゲ剃りで剃ることもできない皮下に生えているヒゲの密度を減らすことで、青髭は根本的に解消することができます。

それ以外の方法は、自分でお金をかけずにしようとしても、ほとんど効果がでません。

豆乳ローションを塗りたくったところで髭は薄くなりません。なぜなら毛穴の下の組織にまでアプローチできる化粧品は化粧品とは言えませんし、もしそれで生えてこなくなる、薄くなるのであれば逆に薬事法的に引っかかるはずです。

医療レーザーは医師の管理下の元適切な出力で毛根組織の殺傷ができるものです。なので確実に青髭が解消されるのです。

青髭に家庭用脱毛機は効かない

ヒゲ脱毛クリーム、家庭用脱毛機、毛抜きはNG

青髭に悩んでいる人は何かと自分でどうにかしようとする人が多いですが、青髭は自分でどうにかできるような甘いもんではありません。ヒゲ脱毛ローションとかクリームもすごいビフォーアフターを見せたりしていますが、あれはそのうち薬事法とかで問題になるのではないか?と思ってしまう誇大広告も多いです。

家庭用脱毛機も同じです。必死になって家庭用脱毛機をプッシュしている人も多いですが、家庭用脱毛機では青髭は全く効果なしといっていいです。そもそも家庭用レベルの脱毛機ではヒゲの根元の部分にまで光が十分に届かないため痛いだけで、毛乳頭の殺傷までには至らないんです。

もし家庭用脱毛機に毛乳頭という毛の組織の殺傷効果を謳ったものがあればそれは医療機器になります。医療機器は法的な問題もあり、一般人には販売できません。

なので、根本的なことをいってしまえば、家庭用脱毛機で永久脱毛と謳うと法的に問題ありなのです。女性の細い毛なら生えてこなくなるかもしれませんが、男性の青髭には無効です。

騙されないように注意してください。それに、家庭用脱毛機よりもクリニックでの髭脱毛が安いです。某楽天などで1位の家庭用脱毛機は7万円しますよね。クリニックは湘南美容外科なら4年通えて69,800円です。医療機関とネット通販どちらの情報を信用しますか?といったら医療機関に決まってますよね。

どこのクリニックでヒゲ脱毛すべきか悩んだら…

ヒゲ脱毛で結果を出せる後悔しないクリニックを2ちゃんねるロム歴4年、50万以上かけてメンズエステや家庭用脱毛機、ヒゲ脱毛クリームを試して失敗した僕がたどり着いた費用も妥当で通いやすいクリニックを3医院選びました。その3医院はこちら

トップへ戻る